Move to Sweden 02

snow-forest_blog-header2

スウェーデンに移住するためにまずすること,居住許可の取得。
学生,就労,サンボ いろいろな種類があるけれど
私の経験したサンボビザのお話をします。

移住を考えている方の参考になれば幸いです。
今回は居住許可の申請の仕方や注意点などお話します

もし移住を考えていたら,わたしは何よりも早めの準備開始をおすすめします。

今,スウェーデンは移民の受け入れを制限しているので
3年前より待ち時間は少ないのかもしれないけれど,何が起こるかわからないし
(わたしも長くて半年だと思っていたのがビザ取得まで1年以上になりました)
このサンボビザと呼ばれる居住許可証は発行から2年間有効なので
(大きな問題がなければ2年は取得できるはず)
とりあえずビザを取得しておいて,数ヶ月後に実際にお引越しでも問題ありません。

ビザの発行は今日出して明日もらえるものではありません
相手の方と移住時期を見越して余裕を持って準備を始めてください

1.移民庁公式ホームページでIDを作り申請開始

移民庁ホームページ Migrationsverket

こちらのサイトへアクセスして ‘apply for permits’の
ページから’Residence permit’の申請を開始します。
ちなみにウェブサイトは全て英語になりますので,
ある程度の英語力,または翻訳機能を使って読んでください。
パートナーが一緒に住んでいれば,スウェーデン語版もあるので
一緒に見てもらうと早いと思います。

この申請は,あなたがパートナーと離れていても同じ国に住んでても
申請ができるので,大丈夫。
わたしは当時彼とスウェーデンと日本での遠距離生活でしたが
Skypeで話したりしながら手続きを進めました。

このホームページで申請に必要なウェブ申請書をひとつずつ埋めて
必要な添付書類を用意して提出。
移住したい本人が申請をすませると今度は相手にメールが届き
同じような内容のウェブ申請書を記入し提出。

以上でサンボビザの申請はおしまい。
簡単にいうと… でも実際は,わたしは提出までに2週間以上かかりました。

このウェブ申請書の質問内容はお互いの家族構成に始まり
二人の交際関係を細かく説明する質問があるので
ひとつひとつ埋めるのに時間がかかります。
わたしは彼がそばにいなかったし,仕事もあったので時間がかかりました。

さらに役所から書類を用意して,必要であれば翻訳して提出するので
それにもまた時間を使いました。

2.ウェブ申請の内容

わたしが申請したのは2015年の6月でした。
その時点での質問内容を覚えてる範囲で…
これは全てではないし,もちろん更新されてると思うので参考程度にどうぞ

  • 移住したい人の基本情報(住所・氏名・生年月日・最終学歴など)
  • 移住したい人の家族構成
  • 相手の基本情報
  • 相手の家族構成
  • 2人が出会ったきっかけ
  • 交際のきっかけ
  • これまでの交際について
  • お互いの恋愛遍歴
  • スウェーデンでどこに住むのか
  • スウェーデンで何をするのか

その他 YES NOで答えられる質問もいくつかあります。
メインは2人の交際に関することだったイメージでした。

あとで大使館に面接に行った時にスタッフの方が教えてくださったのですが
悲しいけれど,万が一政略結婚させられてしまったり
無理やり外国からスウェーデンに連れ込まれたりする人を防ぐため,
またはスウェーデンに移住するためだけの偽造交際や結婚を見過ごさないため
そんな理由もあるようです。

なので,日本人からすると少し違和感のある質問も実際いくつかあります。

3.申請時の注意点

パートナーとその家族の正しいフルネームと正しいスペル

これに関してはお互い必ず申請前に確認しておいてください。

日本人にはないけれど,スウェーデンの皆さんはほとんどの方が
ミドルネームを持っています。
また,実はミドルネームをメインで使っていたので
本名をフルネームでいうと,普段使っている名前の位置が最初じゃなかったり
わたし達にはかなりややこしいシステムです。

ただ,これを間違えてしまうと,相手のID確認で引っかかってしまったり,
「家族のことも知らないなんて本当に交際してるの?」
となりかねないので注意が必要です。

ウェブ申請は保存できるので,あとでログインして修正や継続できます。
不安な場合はその都度立ち止まって,お互いに確認し合ってみてください

交際の歴史は同じ内容になるように

後日,相手の方が申請書に記入した際に2人の交際に関する記述が
大幅に違ってしまうと,これもまた審査が通らない可能性があります。
一字一句同じというわけではありませんが
(逆に怪しまれるから。コピペとか絶対しちゃダメ)

内容が全く違ってしまわないように,2人で確認して
必要であればメモを取っておきましょう。
わたしは自分のウェブ申請に書いた内容を別のメモ機能に保存しました。

自分で書いたことを忘れない

一旦双方のウェブ申請が終わり,面接予約になると
申請書の内容はホームページで見れなくなります。
もちろん面接では,申請内容を元にした質問をされますので
自分が書いたことを忘れてしまわないように,
別のメモ機能に保存しておくかメモを取っておくと安心だと思います。

少したくさんになってきたので,今日はここまでにします。
書類のことはまた次回詳しく書きますね。

日本の皆様,よい1日を
おやすみなさい

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s